妊娠後期のムズムズ脚症候群

妊娠後期のムズムズ脚症候群

 

2人の子供がいます、30代のタナベと申します。

 

私が妊娠中、1番辛かったのは悪阻よりもお腹の張りよりも、妊娠後期になったムズムズ脚症候群でした。
5人に1人の割合で発症するこの病気は、夜ベッドに入ってリラックスした状態の時に現れます。
とにかく脚、膝から下がムズムズとして、脚をジタバタせずにはいられない。
3秒もじっとしていられない程、ふくらはぎ付近が虫の這うようなムズムズに襲われるのです。
私の場合は1人目と2人目、両方とも妊娠中にこのムズムズ脚症候群になりました。
妊婦11

1人目の妊娠中で始めて体験し、最初はどう対処していいか分からずに戸惑いました。

 

クッションなどで脚を高くしてみたり、お風呂場で脚だけ温めてみたりしましたが効果はなく。
このせいで毎晩眠れず、朝方まで1人で起きていました。
毎日毎日、夜が来るのが恐怖でなりませんでした。
しかし出産すると嘘のようにその症状は無くなりました。

 

2人目妊娠中、妊娠後期になるとやはりこの症状がでました。

 

またか…と絶望しましたが、今回は上の子の世話もあるので寝不足だと困るので、原因を調べました。
すると理由は主に鉄分不足だとおこるようでした。
なのでそれからは意識して鉄分をとるように。
鉄分のサプリや鉄分を多く含む食材を毎日食べました。
しかし私の場合は目立ってあまり改善されませんでした…。
夜、12時頃ベッドに入っても、ウトウトしだすとムズムズしだして眠れず、2時頃諦めてリビングへ移動。
テレビを見ながら1人でお茶してました。
そして明け方に寝落ちするような生活…。
もう今は仕方ない、産むまで耐えるしかないと諦めました。

 

鉄分サプリでムズムズ脚症候群が改善された方も多いようですが、私の場合は効きませんでした。
出産しても、3時間おきの授乳が始まり、妊娠後期からずっと寝不足が続きました。
やっと下の子は6ヶ月になり、まとまって夜寝てくれるようになりました。
3人目を妊娠する事があったら、きっとまたあのムズムズ脚症候群になるだろう…と思っています。